トップページ - 認知症対応型グループホーム

認知症対応型グループホーム

カテゴリー認知症対応型グループホーム
定員18名 (9名・9名)2ユニット
居室ユニット型居室 2ユニット(18名)
ご利用対象者北九州市在住の、既ね65歳以上で、要介護認定をお受けになり、(要支援2以上・要介護1~5)の認知症がある方が対象となります。
設備食堂各ユニット 1ヶ所
浴室大浴場 1F
特殊浴室 2F・4F
医務室1室 1F
相談室1室 1F

認知症対応型グループホームとは

認知症高齢者が、小規模、少人数(9人1単位)とした共同生活の場で、食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活をスタッフと共に行い、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気の なかで生活することにより、認知症の進行を穏やかにするものです。

介護給付対象サービス

食事

管理栄養士の立てる献立表により、栄養並びにご契約者の身体の状況及び嗜好を考慮した食事を提供します。
また充実した食堂が各ユニットには備えており、ご利用者には温かい雰囲気でお食事をお楽しみになることが出来ます。
ご利用者が長年使用してきた愛着のある箸や湯飲みなどありましたらご持参いただき使用して頂くこともできます。

入浴

各ユニット内に浴室を用意させて頂いており、普段の生活の中でそのまま浴室に移動して頂き、入浴をして頂けるようになっております。また、家庭浴となっておりますので、ご自宅での生活と同様に他のご利用者と重なることなく一人でゆっくりと入浴して頂けるような空間提供に配慮しております。

健康管理

看護職員、協力医療機関の医師が、2週間毎の往診により、健康管理をします

レクリエーション

年間を通して各種の行事、クラブ活動などを行います。入居者それぞれの趣味、生きがい、役割を反映させる場面を作ります。年間行事予定はこちらから。

介護給付対象外サービス

サービス内容金額
理髪・整容月に1回美容師の出張による理髪・整容のサービス1,575円/回~
オムツ代パット・紙パンツ・オムツ(使用者のみ)実費

入居中の医療

日常生活用品の購入代金など、日常生活に要する費用をご負担頂く場合がございます。
詳しくは当施設職員までお問合せ下さい。

日常生活

医療を必要とする場合は、ご契約者の希望により、協力医療機関において診療や入院治療を受ける事が出来ます。
(協力医療機関での優先的な診療・入院治療を保証するものではありません。また、協力医療機関での診療・入院治療を義務付けるものでもありません。)

入居申し込み

認知症対応型グループホーム

認知症対応型グループホームの入居申込書です。
申込書を提出される方は下記のものをご用意してください。

1.調査書(入居申込書の裏面)
2.認定調査表(写)
(市役所の介護保険係に申請して下さい。)
3.直近3ヶ月分のサービス利用表(写)及び別表(写)

ダウンロード